紫外線がほうれい線に与える影響

シワ、たるみ、ほうれい線ができる原因として、長い間浴びてきていた紫外線が挙げられます。
長年の間、浴び続けてきた紫外線をわたしたちは気が付かない内に貯めこみ、そして貯め込んだ紫外線は、いつの日からかシミやシワ、たるみやほうれい線等となって人肌外装に表れてくるのです。
太陽光線には可視光線と呼ばれている肉眼で確認することが可能な光が50%有り、血行・殺菌消毒・新陳代謝・ビタミンDの合成を促進する有害な一面も有り、人肌老化の原因だけでなく皮膚がんの原因にもなりうる紫外線(一般的にUVと略されているもの)が5%存在します。
そしてその残り部位が、熱を発生するので別名:熱線とも呼ばれる赤外線(太陽が温かい理由はこの為)となってきます。
こんな風に、熱いと感覚るのは赤外線、眩しいのは可視光線、熱くも眩しくもないのが紫外線です。
それによって気がつかないうちに紫外線を大量に浴びてる見込みが大ですのです。
ところで、人肌に到達する紫外線にはUVAとUVBという2部類あるのを御存じですか?
UVBは、人肌を炎症(サンバーン)、火傷有り様にしてしまいます。
メラニン色素を生成させ、人肌を黒くさせてしまいます。
UVAは、私達の人肌の表皮の下に存在する真皮にまで入り込ん出来ます。
このUVAが真皮にまで入り込む事で、シワ、たるみ、ほうれい線の原因を作っているとかんがえられます。
真皮にはコラーゲンが張りめぐっています。
浴び通り越した紫外線はその真皮にまで辿り着き、コラーゲンを節減、変性させてしまいます。
コラーゲンの変性がシワ、たるみ、ほうれい線が出来る原因になっているのです。
紫外線を避けることがシワ、たるみ、ほうれい線克服の第一歩なってはないでしょうか。

ほうれい線に大事なコラーゲン

人間の皮膚は大きく“表皮”“真皮”“皮下組織”の三層に分けられますが、ほうれい線対策で特に重視すべきなのが真皮層です。
真皮は人肌外装の表皮の下にあり、皮膚の生まれ変わりや人肌の弾力・ハリ等と関係の深いキーポイントな層となっています。
この真皮が正常な有り様に保たれていれば、ハリのある健康な人肌をキープすることが出来ます。
真皮の約70%はコラーゲンでつくられており、真皮内に張り巡らされたコラーゲン繊維は人肌に弾力とハリを与えています。
又、真皮層と表皮の間には個々をつなぎ合わせる基底膜と呼ばれる膜が有りますが、ここにもコラーゲンが存在し、真皮から表皮へ栄養素を運ぶ役目を担っています。
こんな風に、人の皮膚にとって欠かせないコラーゲンですが、ガッカリなことに加齢によって生成量が節減することが分かっています。
コラーゲンが節減したケース、人肌に弾力を与えるネット構造が崩れてしまい、ほうれい線をはじめとしたしわやたるみをつくり出す原因となってしまいます。
コラーゲンをつくるにはビタミンCが必要で、ビタミンCには抗酸化作用等いろんなな効き目が有りますが、コラーゲンを生成してくれるというお人肌に大事な要素が入っています。
ビタミンCは紫外線にあたったり、喫煙、いらいら等があると活動的なコラーゲンをつくることができなくなってしまいます。
それによって、人肌にハリや弾力がなくなり、たるみ、シワ、ほうれい線が出来やすくなってしまうというわけです。
ほうれい線克服にはビタミンCを多く取り入れることが大事なやうですね。

  • opusnocturne.com_abc