手のシミとシワ

40代を通り越すと手のシミやシワが気になりだします。

より一層だんだんと手の甲の血管も浮き出てきて急激に手が老けてきます。

手の老けは、“老け手”と呼ばれているものです。

人は顔の表面に目に見えるようにシワ、シミ等が出来ることで年を実感します。

手は第二の顔とも揶揄されるように、顔と同じくらい年を実感させる箇所です。

ですので、美容に気を配る人は、美顔ケアだけじゃなく、手のケアもかかしません。

老け手になってしまう要因としては、まず第一に1つ血管の老化が強く関係しています。

手の甲の上から見て透けて見える血管は静脈です。

この静脈が老化によって硬くなってきます。

硬質化した血管は収縮する力が弱くなってしまい、太く浮き出て見えるようになります。

これが老け手です。

また加齢によって女の人ホルモンが体内から減っていき、それによって皮膚にコラーゲンも少なくなり、手の皮膚が薄くなって老け手が進行します。

皮下脂肪が減っていくことも皮膚を薄くし、老け手に見える原因となってきます。

もともと手は顔や首等と比べると真皮層が薄く、乾きし易いのでシワもでき易いです。

より一層紫外線を浴びることで皮膚内のコラーゲン、エラスチンといった原材料が破壊され老化を進行します。

人は紫外線を浴びると体内の細胞を守る為にメラニンを生成します。

これによって人肌のターンオーバーがおこなわれて紫外線によって日焼けした人肌色が元の人肌色へと戻っていきます。

これが正常におこなわれているケースは問題ございませんが、何のケアもせずに紫外線をいっぱい浴び続けてしまうとメラニンが過剰に創られてしまい色素沈着を起こします。

これがシミの原因となってきます。

手のシワに関連しては、長年手を使い続けてきたリザルトできたとも言えます。

指を曲げて動かしたり伸ばして動かしたり、毎日稼働させ続けている箇所ですので、どうしても老化は進みます。

左右の手を見比べてみるとシワは、利き手の方に多くできています

こみたいに手を使い続けてきたリザルト、シワは出来るのです。

逆に言うとあまり使用していない方にはシワがわずかわけですので、きちんと対策することによってシワを少なくして老け手の進行を抑制することが出来ると言うわけです

これらの症状は世間一般的に40歳前後になると出現始めます。

しかしながらアウトドアにいることが沢山人は20代で出現る人もいます。

色白な人もシミが目立ち易いので20代から気になってしまうという人も出てきます。

手のシミ・シワに注意が向くようになってからではなく、気になってくるその前からできるだけ早めに対策を実行していく必要が有ります

シミ、シワの予防対策

今から早速に始めることが出来る、手のシミやシワを創らせないための対策手順に対して紹介したいとおもいます。

・顔とともに毎日UV対策を行なう。

紫外線から人肌を守る為に、顔に日焼け止めを塗っている人は沢山とおもいます。

顔の表面に日焼け止めを塗る場合に、そのついでで手にもまんべんなく塗り込むようにしましょう。

よく車を運転したケースではいう人は、手袋やアームカバー等をつけると、UV対策になるとおもいます。

紫外線がかなり強い日は、手袋を2枚にするのも良いとおもいます。

作業しずらいと言うケースには、指先だけ切断して開けておくと自由が利きます。

・家事の途中でもハンドクリームをちゃんと塗る

特にですが、水を使用したその後には、必ず塗るのを心がけましょう。

手を洗って濡れた有り様のままにしておくと、皮膚内の水分もともに蒸発させてしまいます。

人肌荒れ、シワの原因となるためきっちりと乾かすようにしましょう。

これによってお風呂上りもタオルできっちりと水分を拭いたら、なるべく早めに化粧水をつけて保湿しましょう。

・一日の終わりにハンドケアを行なう。

手のシミ、シワには乾きが大敵です。

まずは化粧水をつけてきっちりと人肌を保湿しましょう。

化粧水を手でさらっとつけると比べると、コットンを使用してきっちりとパッティングしたケースではより効力的です。

次にハンドクリーム、オイル等を使用してハンドマッサージをします。

エイジングケア原材料の入ったクリームを活用したケースではシワ対策に効力的です。

最後に手にラップをかぶせ、3分ほどパックしたケースでは保湿力が向上します。

・食器洗いを行なうとき、水作業を行なうときにはゴム手袋を行なう。

水に濡れた有り様では手から保湿原材料も出ていってしまい老け手が進行します。

極力直接水に触れないようにゴム手袋を使用して作業しましょう。

・野菜を扱うときにも手袋を行なう

野菜のアクや泥も老け手が進行します。

野菜の下始末、調理を行なうときには、薄手の手袋をして手に直接付かないようにしましょう。

・アンチエイジングに効力のある食材を食すようにする。

コラーゲンを摂取出来る食材としておススメなのは、手羽先やうなぎ等です。

ビタミンCを摂取出来る食材としておススメなのは、檸檬(れもん)、イチゴ、アセロラ、アボカド等です。

手も顔と同じでいつも外から見られるところです。

顔とともにきっちりとケアして、美しい手を手に入れましょう。