治療方法

クリーム等を使用してケア対策をしたり、UV対策をしてみたりしたけれどあまり効力がなく、手のシミやシワがより一層目立つようになってきたケースには医師による治療もかんがえた方がいいとおもいます

これ以上ひどくならないうちに早めの対策が必要です。

手のシミを解決する治療とシワを解決する治療手順はおのおの別の手順です

主な治療手順としておのおの次のようなものが有ります。

<シミ治療>・外用薬治療…ビタミンC、ハイドロキノン、トレチノイン等美白効力のある原材料が入った薬を塗布します。

早急にて1ヶ月、おおよそ3ヶ月くらいまでには効力が出てくるとおもいます。

トレチノインに関連しては妊婦さんは活用出来ませんので忠告して下さい。

・レーザー治療…世間一般的におこなわれる手順がQスイッチレーザーと言う治療法で、シミが広スポットなケースや皮膚が薄い手の甲等に適したIPLと言うレーザー治療法も有ります。

Qスイッチレーザーでは、シミ箇所へレーザーをあてるとかさぶたができて、3週間したケースではいうのはがれます、。

その後3ヶ月程の間は外用薬を塗布します。

2~3週の間はかさぶたが目立って気になってしまうと言うのがデメリットです。

・レーザートーニング…かさぶたにならないくらいに手の甲全体にシャワーみたいに弱くレーザーをあてます。

皮膚内に存在するメラニンのみを破壊してくれます。

手の症状を悪化させることなく安全にシミ治療を効果的かつ効率的に執り行うことが出来ます。

人肌のくすみ、色むら等の改善効力、人肌のキメを整える効力もある大好評の治療手順です。

<シワ治療>・ヒアルロン酸注入…手の甲の血管と血管、スジとスジ、血管とスジの間等へヒアルロン酸を注入することで皮膚にボリューム感を出して、ハリのある人肌へとつくり上げることが出来ます。

ヒアルロン酸注入後は、人肌の水分保持システムが高まっているのでみずみずしい手になります。

・脂肪注入…腹部近隣、太もも、二の腕等自分の余分な脂肪を吸引してそれを手の甲へ注入する治療手順です。

血管やスジが目立たなくなり、手のシワを改善することが出来ます。

注入した脂肪は半分くらい吸収されますが、半分くらいは注入した立地に残るため、ヒアルロン酸みたいに減ったらまた注入したケースではいう必要がございません。

どちらも注射で注入出来ますから、傷跡は針穴が少しばかりあくくらいで、手術をしなくても済むのが大きなメリットです。

・PFC注入…自己血液から人肌の活性原材料を抽出して創られる注入剤を人肌へ注入することによって人肌の活性力が向上しシワを解決する治療法。

一時的に解決されるのではなく人肌を活発化することによって根本的な解決が望めます。

レーザー治療について

レーザー治療を行なうケース、施術するクリニックによって料金にちがいが有ります。

レーザー照射費用に自宅ケアする際の外用薬代、それに初診料、診断料等が入ります。

あるクリニックは1mm*1mm大きさのシミで治療費が1,050円となっています。

コンパクトな手のシミならば1回あたりの施術費用総額は、おおよそ5,000円~10,000円くらいだとおもいます。

しかしながら完全に手のシミが消えるまで何回か診察を受けるとなると別途料金は必要になります。

レーザーを行なう際には、まずシミの箇所に麻酔クリームを塗ります。

これによってレーザーを照射してもパチパチと弾かれたくらいの痛みで済むわけです。

次に直径1cmあたりのシミに10秒ずつレーザーを照てていきます。

レーザーをあてて軽いやけど有り様になった人肌を守る為に、人肌色のテープを貼るところも有ります。

レーザーでシミを消すには1回だけだと完全に消すこと言うのは出来ないとおもいます。

経過をみて再度照射することも必要になってきます。

やはり確かな効力を実感出来るまでには2ヶ月から3ヶ月は欠かせないやうです。

レーザーを1回あててすぐ治療が終了するわけではございませんので、じっくりと対策していく必要が有ります。

ある美容外科でおこなわれている手のシミのレーザー治療を例にとって詳しく解説していきます。

世間一般的に今までおこなわれてきたQスイッチレーザー、ナノ秒でレーザーを照てられると言うシミ取りレーザーです。

近頃ではより一層ナノ秒と比べるとより一層早急に照てられると言うピコレーザーと言うものも出現しています。

手のシミ、顔のシミ、くすみを解決して美白人肌へ導きます。

アザ治療やタトゥー除去等にも使われます

昔シミとりをしたことがあるけれど、また出てきてしまったと言う人、Qスイッチレーザーではとりきれなかったと言う人、きれいにシミをとりたいと言う人、そばかすをとりたいと言う人等におススメです。

手のシミとり、こちらの美容外科では1回196,000円かかります。

施術時間は5分くらいです。

麻酔は不活用で、パチパチと手をはじかれるくらいの痛みが有ります。

レーザー照射直後は皮膚に赤みが少しばかり残りますが当日中には消えていきます。

レーザー照射後、黒い膜みたいなかさぶたになってきます。

1週間ほどでとれます。

施術後は1日2回外用薬を塗る必要が有ります。

レーザー治療は薬を飲み続けたり塗り続けたりすると比べると確かな効力を実感出来ますが、割高な費用がかかるシミ対策となりそうです

かさぶたがとれた後も人肌に赤みは残ります。

個人差は有りますが、1ヶ月~6ヶ月くらい出来れいな人肌色になるそうです。

シミとりのレーザー治療を行なうケースは、医師の指示に従って完全に手のシミがきれいになるまで根気強力に治療していくことが大切です。

シミとシワを同じ時に治療すること言うのはやめた方がいいとおもいます

まずはシミをきれいにしてから、シワを解決してふっくらときれいな手に作り上げていきましょう。