脂肪注入について

手に足りなくなった皮下脂肪を補い老け手対策を行なう手順としてもう1つ“脂肪注入”が有ります。

これは自分自身の体から不要な皮下脂肪を摂り、それを注入したケースではいうものです。

皮下脂肪は、腹部近隣や太もも、二の腕等から摂取することが出来ます。

足りなくなった脂肪を注入することによって、手のシワを改善することが出来ます。

また血管や腱も目立たなくなるので、老け手解決にも役立ちます。

注入した脂肪は、半分くらいが体内に吸収されて、あとの半分くらいは残ります。

残った脂肪はそのまま注入された立地に留まり生きていきます。

ですのでヒアルロン酸みたいに、6ヶ月とか1年で再び減った分を何度も注入したケースではいう必要はございません。

気になる手のシミをとり、脂肪注入を行なえば、老け手を解決して、長くきれいな手でいることが出来ます。

ただし副作用として注入後1週間ほどは手にむくみが出ることも有ります。

むくみは次第に落ち着いていくので大丈夫です。

内出血に関連してはヒアルロン酸注入と同様で活用する針によって差が有ります。

近頃は内出血しない特殊な針を活用したケースではころも沢山ので、そちらを活用することによってほぼ内出血はしないとおもいます。

仮になったとしても小さく赤黒い点が残るくらいだとおもいます。

脂肪注入を行った後しばらくは血行がよくなるのを避けた方がいいので、入浴やスポーツ、飲酒等は抑制するようにしましょう。

血行をよくしたケースでは、内出血とか腫れ等の症状が強力にでてしまう見込みもあるからです。

どれくらい抑えた方がいいのかは医師に相談しましょう。

脂肪注入をしてシワを解決する前にまずは手のシミを先に薄くきれいにしておいてからシワ対策をした方がいいとおもいます。

脂肪注入による脂肪の定着率は注入手順によっていろいろです。

半分くらい定着するものもあれば、40%くらいしかないものもあり、より一層濃縮な脂肪を注入して定着率を90%と高めたものも有ります。

つまり脂肪注入は何処でやっても同じと言うわけではございません。

事前カウンセリングで、定着率等に対しても確かめておくといいとおもいます。

脂肪注入の持つ利点は、自分の脂肪を活用するため、体の拒絶反応やアレルギー反応等の心配がないことです。

また効力がヒアルロン酸注入と比べると長く続くことも大きなメリットと言えます。

施術時間も10分くらいで済みますし、希望することによって麻酔も活用することが出来ます。

ハイドロキノンを塗る

シミ解決に高い効力を発揮する美白原材料の“ハイドロキノン”。

このハイドロキノンが入った外用薬を塗って手のシミ対策を行なうことが出来ます。

ただしハイドロキノンは、ちょっと強めの薬になりますから、皮膚の弱い人は他の対策をかんがえた方がいいとおもいます。

皮膚科、美容クリニック等へ行って、手のシミ、シワ対策を行なうケースには、内服薬と併用して使われることも沢山です。

ヒアルロン酸注入、脂肪注入等みたいに効力に即効性があるわけではございません。

6ヶ月くらいは続けていかないと効力はでません。

しかしながら手がるに出来る治療手順として試してみる価値はあるとおもいます。

皮膚科等で処方している手のシミを薄くしてくれる外用薬には、ハイドロキノン、トレチノイン等が含有されています。

外用薬としてはこれを塗るのが一番効力的では有りますが、定期的に通院しなければならないこと、診察や処方を待たなければいけないこと等が面倒になってしまうケースも有ります。

そういったときドラッグストアーやインターネット等で手がるに手に入るシミ取りクリームを使用してみたくなるとおもいます

しかしながらこれらの市販製品薬は、医師の処方がなくても買えて、誰もが使えるものです。

つまり誰が使用しても安全なものしか市販出来ません

ですのでハイドロキノン入りとなっていても、その含有量は病院で処方してもらうものに比べるとかなり少なくなります。

まれに高濃さ配合と映されたハイドロキノンも有りますが、怪しいので安易には買わない方がいいとおもいます。

トレチノインに至っては、市販製品薬として市販されていません

医師の処方がなければ使えないようになっています。

トレチノインは、皮膚に塗るとターンオーバーを活発化する強力な作用が有ります

これによって劇的に人肌が生まれチェンジしていきます。

手のシミだけじゃなく、シワもきれいになるかも知れません。

皮膚科等で処方される薬のハイドロキノン配合量は平均して4%~5%です。

しかしながら医師が必要と診断したケースには、5%以上のものが処方されることもあるやうです。

30%以上もある高濃さなクリームを処方してくれるところもあるやうです。

トレチノインとハイドロキノンは併用したケースではより一層美白効力は高くなります。

シミを薄くしていく効力が大きくなるのでともに処方してもらうといいとおもいます。

やはり多かれ少なかれ面倒だとしても皮膚科、美容クリニック等へ外用薬を処方してもらうのが確実なやうです。

  • opusnocturne.com_abc