ナールスロゼ

最先端のエイジングケア原材料と言われている“ナールスゲン”を使った大好評のハンドケアクリームが“ナールスロゼ”です。

手のシミ予防に紫外線対策をしなければならないけれど、なかなか常々紫外線対策まではやっていられないと言う人。

手のシミ、シワが気になりだした人、パッと見にも若々しくありたい、エイジングサインが出てきたと言う人におススメのハンドクリームです。

ナールスゲンと言うのは、京都大学、大阪市立大学が共同で創り出した化粧原材料です。

美人肌原材料だとしてもあるコラーゲン、エラスチン等の原材料放出を促すことが出来ますし、皮膚自らの細胞力によってハリのある人肌へと導き若々しい人肌を維持する力が有ります

そこへバラの女王と呼ばれるバラの中だとしても芳香高くて大好評のブルガリア産のダマスクローズを濃密混ぜ込んでいます。

バラの芳香に包まれながらリラックスした有り様でハンドケアを行なうことが出来ます。

ハンドクリームには、ナールスゲン以外にもエイジングケア原材料が数部類入っています。

抗酸化作用に優れ、保湿力も高いため人肌をしっとりと潤すことが出来ます。

刺激が少なくて保湿力が高いためシワ予防にも最適です

テクスチャーはさっぱりとしているので、家事の合間にも気軽に塗ることが出来ます。

バラも全部で5部類入っています。

最高級のバラと認められているダマスクローズ以外にも、抗酸化作用のあるセンチフォリアローズ、女の人ホルモンと同様の作用をもつイザヨイバラ。

人肌のバリアシステムキープに効力を発揮するノイバラ、抗酸化作用の高いカニナバラが入っています。

手のシミ、シワを予防、解決するには保湿が重大です

乾き対策をきっちりと行って、人肌が潤った有り様にしておくことでキメの整ったきれいな手になることが出来ます。

また外装からの保湿だけじゃなく、皮膚の内部からもケアすることが大切です

紫外線を浴びてしまうと酸化作用によってメラニンがいっぱい創られて、手や顔等皮膚全体にダメージを与えてしまいます。

このダメージは若いころと比べると年を重ねるごとに影響が大きくなってくるのです。

皮膚の内部からも、ビタミンC、ビタミンE等を積極的に摂ってエイジングケアしていくことが大切です。

“ナールスロゼ”は、内容量35g、値段は2,592円(税込)です。

着色料、香り成分、界面活性剤や防腐剤もまったく使用していません。

ハンドパック

昼間なかなか対策が出来ないと言う人に特におススメなのが、夜寝ている間に出来るハンドパックです。

寝ている間に手から蒸発する水分を減らし乾きを防ぐことが出来ますし、今日一日でできてしまったメラニンを体外へ排出するのに保水対策は有効です。

手のシミ、シワ予防、解決には乾きが大敵です。

寝ている間にきっちりと潤して、翌朝起きたらきっちりと潤っている手でおもいよく目覚めましょう

1つ目の手順です。

夜寝る前に、美白効力がある化粧水を手に塗ります。

その上からハンドクリームを塗り、化粧水が蒸発しないように蓋をします。

ハンドクリームは、ビタミンC誘導体やアルブチン入りのものがおススメです。

ビタミンC入りではなく、ビタミンC誘導体入りがいいです。

ビタミンC入りのハンドクリームも多くみられます、間違えないように忠告して下さい。

ビタミンC誘導体には、人肌へ浸透して美白効力を発揮する力が有ります。

2つ目の手順です。

手に甲へティッシュをおいて、その上から美白効力がある化粧水をつけます。

ティッシュが化粧水で湿っている有り様にして下さい。

この有り様でビニール手袋をはめて、手首の箇所を輪ゴム等で留めます。

3分間放置します。

3分たったらビニール手袋をとり、ハンドクリームを塗ります。

手に水分を与えた有り様で、早速にハンドクリームを塗って蓋を行なう手順です。

3つ目の手順です。

よくハンドクリームとセットで付いている綿手袋を使います。

夜寝る前にハンドケアをしてから手袋をはめて寝ます。

ビニール手袋の方が蒸発を防ぎ水分を閉じ込めることが出来ます。

しかしながら手は放熱したケースではころですので寝ている間に熱がこもって寝苦しくなることも有ります

これによって綿手袋にした方が眠れるとおもいます。

それだとしても暑苦しく感じ取って眠れないと言う人は、昼間、テレビを見ているとき等に行なうことをおススメします。

通例にハンドクリームを塗るだけじゃなく、手袋をはめることで皮膚の中へ原材料を浸透させやすくなります。

手のシミ、シワは、できてしまったものを治すと比べると予防する方がかなり容易です。

すでにシミ、シワができてしまったと言う人も、新たに創らせないようにきっちりと美白ケアを行っていきましょう。