オールインワン化粧品に含まれる成分

40代、50代のオールインワン化粧品選びはバランスが重要です。

シワやシミ、たるみといった多様なトラブルが外装にあらわれている年代ですので、そのケアをきっちり行っていけるものを選択する必要があります。

そこで、オールインワン化粧品に含まれる原材料とその働きをまとめてみました。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内にもいっぱい含有されていて、肌は当然全身の健康をキープする上でとっても重要な使命を担っている原材料だとしてもあります

コラーゲンは美容の見地から2つの使命があります。

まず、保湿原材料としての使命で、角質層で水分を抱え込むことによって乾燥を防ぎ、潤いとハリのある環境要素を保ってくれます。

もう一つは、真皮層で肌を支える使命です。

角質層の奥に存在する真皮層では繊維状のコラーゲンがエラスチンとともに網の目みたいに張り巡らされる形で肌全体が支えられていて、この網の目がちゃんとキープされていることで肌のハリも保たれています。

次に、ヒアルロン酸はたいへん優れた保水力を備えている原材料で、1グラムで6リットルもの水分を抱え込むことが出来るといいます

ヒアルロン酸のこの技能で、体内の水分をキープし、肌の潤いやボリューム、ハリをキープしてくれます。

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在しているもので、体内で水分を保つとともにクッションの使命を担っています

肌のハリやボリュームをキープする使命もその一環となるわけですが、関節部位ではは骨と骨の間で衝撃を和らげる働きがあり、これが不足したケース関節痛の要因となってきます

そして、殆んどのオールインワン化粧品に含有されているといっても過言ではないのがセラミドです。

セラミドは細胞間脂質、角質層ではは角質細胞同士を結びつけて構造をキープする使命を担っています

角質細胞と角質細胞はかっちりとくっついているわけではなく、セラミドが間に満たされる形で結び付けられていて、そしてそのセラミドに水分がためこまれることによって、潤いやボリューム、より一層バリアシステムがキープされています。

セラミドが不足してしまうと角質細胞同士の結びつきが緩んでしまい、隙間ができてそこから水分が蒸発してしまうことになります。

より一層、紫外線をはじめとした外部からの刺激がその隙間を通して奥にまで入り込みやすくなるため、老化やハリの低下といった問題も誘発します。